シェア
  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする
  • lineでシェアする
  • pocketでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 飲食店の廃業・閉店にともなう不用品処理

飲食店の廃業・閉店にともなう不用品処理

  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする
  • lineでシェアする
  • pocketでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何らかの理由で飲食店を廃業・閉店をすることになったとき、発生するのが不用品処理問題。「いらなくなった厨房機器や備品を買い取ってくれる業者さんは?」「処分する場合にけっこうお金がかかるのでは?」といった疑問をお持ちではないでしょうか。こうした疑問にお答えするお役立ち情報をご紹介します。更には、実はあまり知られていない処分方法もお伝えします。

【買取or処分】不用品処理の流れ

飲食店の場合、閉業する際の退去方法は大きく2つあります。
A.居抜き物件として引き渡す
B.原状回復やスケルトンに戻して引き渡す

Bのケースは一般的に、不用品を処分してまっさらな状態で解体業者に依頼する流れとなります。そして、不用品を処理するにあたっては、「買い取ってもらえる可能性がある物」と「廃棄物として処分しなくてはいけない物」との見極めが必要となります。

【比較7社】不用品の買取業者

厨房機器の業者として、広く知られている業者
▼取扱商品
アンティーク家具、ワインセラー、ガスコンロ・IH、
照明・シャンデリア、厨房機器、ビールサーバー など
▼特徴
・出張も店頭買取も行っており、出張買取のエリアは全国対応となっている。
・厨房機器の業界の中でも店舗数は最大級といわれている。
・店舗一式から厨房機器ひとつまで幅広い買取をおこなっている。

口コミ/お客様の声
『飲食店のことをよく理解されていて助かりました。』
・居抜きで入ったお店の厨房機器を買取してもらった
・思ったよりも高額買取になった
・新たに必要な機器も余裕をもって購入することができた
・買取と設置がともにスムーズにいくよう担当の方が手配してくださった

『一括見積をしてもらって、高価に買取をしてもらえました。』
・やむをえず閉店を決め、テンポスに厨房機器や調理機器など一括見積を依頼
・とても早く見積をしてもらえた
・スケルトン工事の手配もテンポスで頼めた

無限堂

mugendou

業務用品に強く、まとめ売りにも対応
▼取扱商品
冷蔵庫、ワインセラー、炊飯器、電子レンジ、エアコン、ガスコンロ・IH など
▼特徴
・中古の厨房機器をはじめ、業務用エアコンや中古のオフィス家具なども買取。
・大阪と東京が拠点のため出張エリアは限定的だが、依頼によっては地方も可。
・スピーディーで高く買い取ってくれると、評判のよい業者となっている。

口コミ/お客様の声
『色んな物が安く手に入る』
・お店で使うような業務用の厨房機器や機械類とかも格安で販売している
・買取の見積りもタダでやっている
・仕事で物が必要になったり、逆にいらなくなった時などに重宝している

厨房センター

厨房センター

業務用の厨房機器ひとつから一店舗分まで買取をしている専門業者
▼取扱商品
冷蔵庫、ワインセラー、炊飯器、電子レンジ、ガスコンロ・IH、厨房機器 など
▼特徴
・出張エリアは、東京をはじめ関東全域をカバーしている。
・細かなものから大きなものまで取り扱っている。
・専門業者だからこそ、安心して任せられる部分もあるのではないだろうか。

口コミ/お客様の声
評価や実績なし

JIN

JIN

厨房機器の買取から店舗の内装、解体、処理などまで幅広く対応
▼取扱商品
厨房機器、ビールサーバー、製氷機、焼物器、餃子焼器、オーブンなど
▼特徴
・内装や解体、処理などを別の業者に依頼するのは面倒だという方にはお勧め。
・厨房機器は出張買取のみ、出張エリアは東京と神奈川とかなり限られている。
・HPでは再販価格を公開しているため、中古市場価格調査の使い方もできる。

口コミ/お客様の声
『品質が高い点が安心』
・ここの厨房器具は安心安全
・特にステンレス製品のできばえやクオリティが良い
・安めの開店資金でオープンしたい場合はかなり向いている

様々なジャンルのアイテムを取り扱う買取店。厨房機器も買取対象
▼取扱商品
パソコン、スマホ・携帯電話、カメラ・レンズ、カメラ、タブレット など
▼特徴
・「ビデオチャット査定」というワンクリックで始められる査定方法を導入。
・どのように撮影するのかの指示があり、査定額と買取価格の差が生じにくい。
・出張買取の場合、最短30分で来てくれるうえに、当日中の対応も可能。

口コミ/お客様の声
・無理を聞いてもらい良い取引が出来た
・事前にLINEで対応してもらえるのも便利
・自宅にいながらその日中に現金が受け取れてとてもいいサービス

ナンバーワン
 買取センター

ナンバーワン買取センター

東京都や神奈川県横浜市を中心に、厨房機器を出張買取
▼取扱商品
家電、家具・インテリア、厨房機器
▼特徴
・冷蔵庫・製麺機・寿司ロボ・券売機・製氷機など、様々な調理器具に対応。
・多くの販売ルートを確立しているため、他店よりも高額買取が期待できる。
・経験豊富なスタッフだけが出張買取しているので、安心して依頼できる。

口コミ/お客様の声
・買取不可の理由も記載いただき印象は良く感じた
・対応が迅速丁寧で、安心して買い取りをお願いすることができた

ヤマチュー
 ドットコム

ヤマチュードットコム

中古厨房機器の販売・買取・レンタルをおこなう中古厨房機器専門店
▼取扱商品
冷蔵庫、ワインセラー、炊飯器、電子レンジ、ガスコンロ・IH、厨房機器 など
▼特徴
・長年の取引実績があるため中古市場にも詳しく、適正価格が期待できる。
・買取対象は首都圏エリアだが、状況によっては関東一円にて出張対応。

口コミ/お客様の声
・申込み後まもなくメール連絡をくれてすぐに動いてくれた
・相談もしやすく対応も凄く良かった

【自治体or業者】不用品処分の基本

不要になった厨房機器の中には、なかなか買い取ってもらえず、やむを得ず処分する場合があります。そうなったときの基本的な処分方法をここで紹介します。

自治体が指定した処分方法で捨てる


まず最初に思い浮かぶ、粗大ごみとして捨てる方法です。しかし、大型な厨房機器は自治体が指定する方法では処分できず、回収業者に依頼することになるケースも多い。

・ガス台…500円
・ガスコンロ…500円
・食器乾燥機…1,000円
・電子レンジ・電子レンジ台…500円
・湯沸かし器…500円
※)上記は、某自治体の厨房機器の処分費用

相場としては、数百円〜数千円の費用が厨房機器の処分にはかかるようです。
各自治体によって費用には違いがあるので、十分な確認が必要です。

不用品回収業者を利用した処分方法


自治体で処分ができない厨房機器は、不用品回収業者で処分してもらうことができる。このような回収業者ではいろいろなものを回収しており、厨房機器も品目に含まれる。しかし、利用には出張費や回収費がかかるので注意が必要だ。

・製氷機処分…10,000円
・業務用冷蔵庫処分…40,000円
※)上記は、回収業者の処分費用の一例
処分費は業者によって大きな差があるので、十分な確認が必要です。

【切り札】不用品引き取り専門業者

買取業者でも取り扱いしていない商品、処分するとなるとお金もかかるし…。
そんなときの切り札として味方になってくれそうな業者を紹介します。

ジャンクポート

中古家具/家電、使用済の食器、ぬいぐるみ、楽器、雑貨の東南アジアへの輸出を行っている会社。直接、東南アジアへの輸出を行っているため、日本国内ではリユースが困難な中古家電製品、家具、中古食器などの無料引取り/買取りが可能とのこと(出張サービスは行っていないようです)。

▼品目案内(買取/無料引取り)※ジャンクポートHPより抜粋
<買取商品>
食器類 1kg 15円
ぬいぐるみ・フィギア 1キロ 150円
花瓶・壷 1kg 10円
おもちゃ 1kg 50円
アクセサリー 1kg 100円
調理器具(スプーン・フォーク・鍋・釜など金属製のもの) 1キロ 50円
食器(陶器・ガラス・木製) 1キロ 15円
冷蔵庫(5ドア・6ドア 2007年製以降)
※個別査定:国内で再販売できるものは高価買取
ドラム式洗濯機(2007年製以降)
※個別査定:国内で再販売できるものは高価買取

<無料引取り>
家具:洋服ダンス、婚礼ダンス(洋箪笥、和ダンス、チェスト)、チェスト、食器棚、カップボード ダイニングテーブルセット(木製に限る、ガラス製はNG)折りたたみベット スタッキングチェア 鏡 飾り棚 座卓(足が折れるタイプ限定)
電気製品:カメラ、デジカメ、レコードプレイヤー、ミシン
工具全般:ドライバー、トンカチ、レンチ等
アウトドア用品全般:釣り竿、リール(高価な物は別途買取)ラケット、キャンプ用品 クーラーBOX
子供用品全般:ベビーカー、子供のオモチャ、子供椅子、レゴ
文房具:鉛筆、ハサミ、ノート、ペン
その他:置物(熊&鮭、大黒さま&恵比寿さま等)、額縁、、耐火金庫(ダイヤル式、鍵付)
タイルカーペット(切れ端や汚れが多いものはNG、数が多すぎると受け入れできない場合もございます。ご相談下さい。)

日本では再利用・再販売が難しい商品でも、東南アジア諸国ではまだまだ必需品であることも。不用品処分の買取/無料引取りというメリット加え、貧困問題の解決といった社会意義にもつながるのでは。

5.まとめ

このように、飲食店における不用品処理には買取と処分の方法があり、それぞれに、独自の強み・特徴をもつ業者が存在します。処分方法の決定から業者選定までを比較検討し、デメリットを回避してみてはいかがでしょうか。

入力エリアすべてが必須項目です。